投稿日:2023年9月17日

空調配管工事における省エネルギーの取り組みと効果とは?

こんにちは!
株式会社GOTWOは、空調配管工事をはじめとする各種設備工事を行っている建設業者です。
東京都狛江市に拠点を構え、1都3県で対応しています。
今回は、空調配管工事における省エネルギーの取り組みと効果についてお話ししたいと思います。
これを機に、配管工事にご興味を持っていただけると幸いです。

省エネルギーのための空調配管工事の方法

断熱
空調配管工事とは、建物内の空調機器と室外機をつなぐ配管工事です。
この配管には、冷媒と呼ばれる冷暖房のための液体や気体が流れています。
省エネルギーを実現するには、断熱材の選定と施工、配管径の適正化、配管長や曲げ数の最小化などが必要です。
断熱材は、熱の伝わりを防ぐ材料です。
断熱材がないと、冷媒が温度変化を起こし、空調効率が低下します。
断熱材の種類や厚さによっても省エネ効果が異なります。
配管径は、配管の内側の直径です。
配管径が大きすぎると、冷媒の流量が減り、圧力損失や冷却効率の低下を招きます。
逆に、配管径が小さすぎると、冷媒の流量が増え、圧力損失や運転電力の増加を招きます。
そのため、空調機器や室外機の能力に合わせて、最適な配管径を選定することが重要です。
配管長は、室外機から空調機器までの長さです。
曲げ数は、配管が曲がる回数です。
配管長や曲げ数が多いと、冷媒の流れに抵抗が生じ、圧力損失や冷却効率の低下を招きます。
そのため、直線的で短い配管ルートを設計することが望ましいです。

メリットを詳しく!

省エネルギーのための空調配管工事は、電気代やCO2排出量の削減だけでなく、空調の快適性や信頼性の向上にもつながります。
まず、電気代やCO2排出量の削減は、空調機器や室外機の運転効率が向上することで実現できます。
運転効率が向上すれば、消費電力が減少し、電気代も抑えることが可能です。
また、消費電力が減少すれば、発電に伴うCO2排出量も減少します。
CO2は温室効果ガスの一種であり、地球温暖化の原因となります。
CO2排出量を減らすことは、環境保護にも貢献できるということです。
次に、空調の快適性や信頼性の向上は、空調機器や室外機の性能が最大限に発揮されることで実現できます。
性能が最大限に発揮されれば、室内の温度や湿度を適切に調整できます。
室内の温度や湿度が適切であれば、快適な空間を作れるでしょう。
また、空調機器や室外機の故障やトラブルを防ぐことができ、信頼性も向上します。

ただいま現場スタッフ求人中!

給料
弊社では現在、新たな配管工スタッフを求人募集しています。
経験・学歴・年齢を問わず未経験者も大歓迎です。
資格取得支援制度や手厚い福利厚生もご用意しています。
有給休暇制度や作業着や工具の支給はもちろん、家族手当や資格手当もあります。
空調配管工事などの設備工事にご興味がある方は、ぜひご応募ください。
株式会社GOTWOで一緒に一流の配管工を目指しましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社GOTWO
〒201-0005 東京都狛江市岩戸南2-3-11 ニューライフ狛江204
TEL/FAX:03-5761-8052


関連記事

会社の近くの桜

会社の近くの桜

コロナウイルスのおかげで花見もお疲れ様会も自粛。会社の側の桜が綺麗で写真だけ撮りました。大手町の現場 …

2月のお疲れ様会

2月のお疲れ様会

公開が遅くなりました。毎月のお疲れ様会、29日の肉の日にちなんで肉料理で舌鼓。現場も繁忙期になってき …

コロナの影響

コロナの影響

こんにちはGOTWOです。コロナ影響で現場が約1ヶ月止まってしまいました。今はコロナ対策し、現場再開 …